スイスコム、ローミング料金値下げ

20180321_midori_news_092

 スイスの大手通信会社スイスコム(Swisscom)は、今月19日よりスイス国外で通信サービスを利用する際の国際ローミング料金の値下げを開始したと、同社のプレスリリースで発表しました。

 料金の値下げ率は、使用する国によって異なりますが、ローミング料金は以前の価格と比較すると、20%から最大50%まで安くなっているとのことで、同社通信サービスの利用者にとっては嬉しいニュース。

 例えば、1ギガバイト(GB)のパケット契約の場合、EU諸国だと従来29.90フラン(約3,300円)だったのに対し、今後は19.90フラン(約2,200円)。また、同じパケット契約でアメリカ、南米、アジアなどで利用する場合、以前より40%値下げの29.90フランとなります。

 今回値下げを実施できたのは、海外のパートナー会社との交渉のおかげだと、スイスコムのローミング責任者であるジェローム・ヴィンガヤー氏(Jérôme Wingeier)は述べています。

 記憶に新しいところでは、欧州連合(EU)は、昨年6月からEU諸国内のローミング料金の請求を廃止しました。スイスはローミング手数料を課している国ですが、今後もこのような大幅値下げを実施する通信会社が続くかもしれません。

 ローミング手数料値下げにより、海外との仕事や交流がより盛んになることを願います。

 


コメントを投稿する