5キロメートルの差で罰金!

20180316_midori_news_089

 みなさんもご存じの通り、ジュネーヴ(Geneva)のコアントラン空港(Cointrin Airport)は、隣国フランスと国境が接しており、数キロ先はフランスという立地です。

 地元新聞ル・マタン(Le Matin)によれば、この立地が仇となり、あるイギリス人グループがレンタカーを巡り、トラブルに巻き込まれてしまいました。

 フランスのアルプスでスキー休暇を楽しもうと、イギリスからジュネーヴ空港へやって来た彼らは、空港近くのフランス区域にあるレンタカー会社ハーツ(Hertz)で車を借り、休暇後、レンタカーを戻そうとしましたが、駐車場の場所が分からず迷ってしまいました。  

 飛行機に乗り遅れることを恐れた彼らは、フランス管轄のハーツから約5キロメートル離れたところにある、ハーツ・スイス(Hertz Suisse)へ車を返しました。  

 旅行から帰ると、なんと「レンタカーを放棄」したという名目で、440フラン(約49,000円)の請求書が届いたのです。  

 実は、このようなケースは初めてではなく、空港近くのフランスとスイスのレンタカーの駐車場がわずか5キロメートルしか離れていないということもあり、返却場所を間違ってしまう客も少なくないのだとか。  

 幸いにも、このイギリス人グループには、今回の請求額は返却されたとのことですが、車をレンタルする際には返却場所に気を付けたいものです。

 


コメントを投稿する