凍結により、噴水壊れる?!

20180315_midori_news_088

 今年、スイスを含むヨーロッパ各地では、シベリア寒気団の影響で、歴史的大寒波を記録しました。今週に入り、寒さは一段落したかのように見えますが、ある地域では、意外なところに被害が出てしまいました。  

 スイス西部に位置するフリブール(Fribourg)では、同州出身のアーティスト、ジャン・タンゲリー(Jean Tinguely)作「ジョー・シフェールの噴水(La fontaine Jo Siffert)」が氷の重さにより壊れてしまったと、スイス放送協会(RTS)は報道しています。

 同噴水は、フリブール駅近くにある公園グラン・プラス(Grand-Places)に1984年から設置されていますが、今月10日の夜から11日にかけ、凍結による氷の重みに耐えられず、壊れてしまったとのことです。  

 同市によれば、これから被害状況の確認と修理費用の見積もりをするとのことですが、専門家によると、幸いな事に被害はそれほど大きくないとのことです。  

 自然による被害は仕方ないこととは言え、歴史的文化財がこのようなことになりとても残念です。今後、このようなことのないように、州には対策を講じてほしいものです。

 


コメントを投稿する