インフルエンザ、まだ終わってない!

20180310_kayoko_news_626

 みなさんは今年インフルエンザにはかかりませんでしたか? スイスでも今年は大流行で、3月に入っても新たにかかる人が増えている地域がある程、その勢いは衰えることがないと、スイス公共放送SRFが伝えています。

 連邦健康局(BAG)のダニエル・コッホ(Daniel Koch)氏は、「大流行の原因はウイルスのタイプにある。今年感染を拡大しているウイルスはB型で、過去に似たようなタイプのものがないため、特に若い人達には免疫がなく若年層で流行しやすい。」と話します。

 さらに、「通常B型のインフルエンザは軽めで長くは続かないと言われているが、今年は流行が13~14週も続いているので驚いている。」と今年のウイルスの特異性についても警告。

 今後の感染の可能性についての問いに対し、同氏は「現在も高い水準にあるので、今後も多くの人が感染する可能性がある。さらに、別のタイプが出てくるかも知れない。」と、感染防止するためにも予防接種が必要だと呼び掛けています。

 みなさんも元気に春を迎えられるよう、くれぐれもお気を付けて下さい。

インフルエンザ感染状況については、こちらも参考にして下さい。
Bundesamt für Gesundheit BAG (独・仏・伊語)
Saisonale Grippe – Lagebericht Schweiz

厚生労働省のサイトで
インフルエンザに対する対策についても紹介しています。
今冬のインフルエンザ総合対策について

 


コメントを投稿する