きれいな街づくり、アプリで大成功!

20180208_kayoko_news_624

 スイスで意外と問題になるのが、ゴミのポイ捨て。残念ながら公園にガラスが落ちていることも珍しいことではありません。清掃には費用もかかるため、各自治体の悩みの種となっています。

 そこで、チューリッヒ(Zürich)では新たなシステム、新品のようなチューリッヒという意味の「Züri wie neu」を導入しました。これは住民が街で危険な個所やゴミ、改善してほしい場所を見つけたら、インターネットかアプリで通報するというもの。

 専用サイトには地図が載っているので正確な場所を指摘し、写真と共に送ります。それに対して市は5日以内に必ず回答するという決まりもあります。このシステムを導入してから劇的に街が美しく安全になったと大好評です。

 費用も多くかからないのに改善できるとあって、チューリッヒに続けとツーク(Zug)やルツェルン(Luzern)でも導入を計画しています。

 わざわざ通報するほどじゃないけど、直して欲しいなという箇所はありますよね。アプリなら気軽にお願いできそう。自分達で街を変えていく、そんな意識もいいですね。


コメントを投稿する