六甲山でハイジになってスイスを満喫

20180306_kayoko_news_622

 今週の日曜から、標高800m以下の低地では8℃~11℃、さらにアルプスの山岳地帯では谷山を越えて吹く暖かい風「フェーン(Föhn)」が吹き、気温が13℃~15℃になるなど、春を感じられる暖かさがスイスに訪れています。

 日本でも、日本気象株式会社が発表した桜の開花予想によると、今年はおおむね平年より早く、東京では今月17日に開花が始まると発表されています。

 そんな早春の日本でスイスのイベント「六甲山スイスフェア~アルプスの少女ハイジに囲まれて」が今月開催されます。

 開催期間は3月17日~5月31日、場所は兵庫県神戸市の六甲山です。日本にはスイスをイメージした観光施設やレストラン等がたくさんありますが、六甲山にも牧場や植物園などスイスを身近に感じられるリゾート施設があります。

 期間中は「ハイジ」と「クララ」の衣装の無料貸し出しや、スタンプラリー、アニメに登場するセント・バーナードの「ヨーゼフ」のぬいぐるみが当たるくじ、期間限定のスイスの郷土料理など、何度訪れても楽しめそうです。

 衣装、「ハイジ」にするか「クララ」にするか悩んでしまいますね。みなさんならどちらにしますか?スイスの春より一足早く、六甲山で春のスイスを楽しんでみてはいかがでしょうか。

 イベントについて詳しくはこちらのホームページをご覧下さい。

 


コメントを投稿する