スイス国内、格安長距離バス登場

20180225_midori_news_081

 ジュネーヴ(Genève)の地元新聞「Tribune de Genève」によると、チューリッヒ(Zurich)の長距離バス運営会社 「ドモ・ライゼン(Domo Reisen)」は、来月3月25日からスイス国内各地へ向かう格安の長距離バスサービスを開始予定とのことです。

 連邦交通局(OFT)は、今月19日、同企業の国内長距離移動サービスに対し正式に許可を出した旨を発表しました。連邦政府がこのような許可を企業へ与えたのは初めてのことです。  

 バスの利用に関しては、事前の座席予約は必須、またスイス全国の公共交通機関で利用できる半額カード(Abonnement Demi-tarif)や総合定期券(Abonnement Général)も使用可能とのこと。

 対象となる客層は予算が少なめの旅行者で、実際にバスの料金は電車と比べると、半額近く安くなっています。

 例えば、ジュネーヴからチューリッヒまでの片道料金は、電車を利用した場合89フラン(約1万円)かかりますが、バスだと46フラン(約5,200円)、さらに半額パスを利用すれば23フラン(約2,600円)になります。

 しかし、バスでの移動時間は電車と比べると倍近くなり、ジュネーヴ〜チューリッヒ間は約5時間かかるとのことです。

 車内には飲食サービスや無料のWi-Fiを装備、また10席限定の1等座席には無料の飲み物とクッションが付いており、乗客が飽きないよう工夫がされているのだとか。

 移動時間は長めですが、時間に余裕がある方であれば、低予算で賢くスイス各地へ行けるのは魅力的ですね。

 


コメントを投稿する