152歳の女性を捜索中?!

20180218_midori_news_079

 ジュネーヴの地元新聞「Tribune de Genève」によると、ベルン州フランス語圏ゼーランド(Jura bernois-Seeland)の地方裁判所(Tribunal régional)では、現在、ある女性に関する情報提供を求めています。

 ある日突然消息不明となったその女性の名前は、ポーリーヌ・エマ・シュニア(Pauline Emma Sunier)さん、1865年7月18日ベルン州(Bern)生まれで住所不定、存命していたら、年齢はなんと152歳。

 今月7日、同地方裁判所の裁判長である、アニエス・シュレッピー(Agnès Schleppy)氏により、シュニアさんを捜索中である旨が同地方の正式文書に記載されました。

 民法550条1行目に「生死不明に関する声明は、該当する人物が100歳に達したと思われた時、正式に発表される」とありますが、シュニアさんは100歳を超えており、これまでに何の手掛かりとなる情報も無いため、今回発表されることとなりました。

 なお、シュニアさんに関する情報の募集は、2019年1月31日まで続けられるとのことです。

 どのような経緯で消息不明となってしまったのでしょうか。少しでも多くの情報が集まることを願います。

 


コメントを投稿する