カルキ汚れの掃除方法

20171230_haruka_Vinaigre-blanc_fb_cut フランス語圏の片田舎では水道水がおいしく、同じ水源がミネラルウォーターとしても売られているほど。普段の食事では、水道水を水差し(仏:Pichet d’eau)に入れてそのまま食卓に出しています。

 ところが、こちらの水は硬水なので、一度使っただけで白いカルキの跡がガラスについてしまうのです。

 これまで水差しをタワシで洗っていたため、タワシを持った手が届かない底の方は、カルキで白いまま。それを見かねた義母が教えてくれた掃除方法が、驚くほど簡単でびっくりしました。

 カルキ跡をきれいにするには、白ワインビネガー(仏:Vinaigre blanc)を少し入れた水で洗うだけ。スプーン一杯のビネガーを水差しにいれたら、薄めるように水道水で容器を満たします。数秒たったら瓶の水を捨てて、中を水道水でよくゆすぎます。これだけで、こすらずに、カルキ跡がさっぱりなくなっていました。

 なお、カルキ汚れがひどい場合は、ビネガーの量を増やし、漬け置く時間を多めにするだけでOKです。

 他のガラス製品についたカルキも、これで落とせます。ぜひお試しになってはいかがですか。

 


コメントを投稿する