スイスの平均家賃はいくら?

 

20180205_midori_news_076

 連邦統計局(OFS)は、スイスの平均家賃や賃貸物件の所有者状況などをまとめた調査結果「賃貸物件の所有者(Propriétaires des logements loués)」を先日発表しました。  

 同調査によれば、210万世帯が賃貸物件に住んでおり、賃借人はスイス全人口の約6割に当たるとのことです。

 州別で見ると、割合に大きな違いが出ています。例えばバーゼル=シュタット準州(Basel-Stadt)郊外やジュネーヴ州(Genève)は、州人口に対して賃借人の割合がそれぞれ83%、78%と、賃貸に住む人の割合が非常に高いことが分かります。

 反対に、ヴァレー州(Valais)やジュラ州(Jura)は、賃借人の割合が両州とも38%と、国の平均より低いことが明らかとなりました。

 また、賃貸物件に住む世帯の内訳についても、単身世帯(44%)と子供のいないカップル、または夫婦世帯(45%)がほとんどを占めていることも分かりました。

 全てのタイプの物件を含めた1ヶ月あたりの家賃の平均は、スイス全体では1,300フラン(約15万円)となりました。

 部屋の大きさ別で見ると、3部屋が平均1,238フラン(約14万5千円)、4部屋が1,500フラン(約17万5千円)、6部屋以上は2,405フラン(約28万円)でした。

 賃貸物件全体のうち半数は個人の所有物となっており、その割合が最も高かったのはティチーノ州(Ticino)の70%となっています。

 州によって、大きな違いが見られるのが興味深いですね。

 


コメントを投稿する