中国人観光客に人気の国は?

20180121_midori_news_071

 スイス、ザンクトガレン大学(Université de Saint-Gall)の観光・交通研究所(Centre de recherche pour le tourisme et le transport)は中国人旅行客の動向について調査を行いました。今回のデータは、中国で実施された調査結果に基づいています。  

 同調査によると、海外旅行する全ての中国人旅行者のうち、16%はヨーロッパを訪れており、ヨーロッパ大陸の中で中国人に一番人気の国はフランス、2位はスイスであったとのこと。  

 ドイツやイギリスよりもスイスを訪れる観光客数が上回り、スイスにとっては喜ばしい結果となったものの、ヨーロッパ大陸を訪れる中国人旅行客数は、全体的に減少傾向にあります。  

 今回調査を実施した研究者は、「ヨーロッパ各国へ入国する際、中国人へ義務付けられているシェンゲンビザ(Visa Schengen)取得が最もネックになっていること、またアメリカやオーストラリアと比べ、家族や友達が現地にいる中国人が少ないためではないか」と、中国人旅行者減少の原因を指摘。また同調査は、従来のステレオタイプであった団体旅行者の数は減少傾向で、個人単位で旅行する中国人が増えてきていることも明らかにしています。    

 シェンゲンビザ取得は煩雑ではありますが、今後ともスイスを訪れる観光客が増えることを願います。

 


コメントを投稿する