スイスのピザ店、見事世界3位に!

20180109_kayoko_news_582

 先月イタリア人宇宙飛行士のリクエストで、国際宇宙ステーション内でピザを焼いて、ピザパーティを行った映像が話題となりました。ピザはイタリア人にとってはどこにいても欠かせない食べ物なのかも知れませんね。

 イタリアに隣接しているスイスにも、実は美味しいピザ屋さんはたくさんあります。ルツェルン(Luzern)州マルタース(Malters)にあるピザ店「Caffè e Più」もその一つ。昨年10月、ローマで行われた世界一のピザを決めるピザのワールドカップ、「Coppa del Mondo di Pizza」で第3位の成績を収めました。

 ローマ(Roma)で行われたこの大会には、世界中から200以上のピザのスペシャリスト達が参加し、様々な部門で腕を競いました。

 同店は今回初めてこの大会に参加し、トマトソースとニンニク、オレガノ、オリーブオイルだけで作るシンプルなピザ、マリナーラ(Marinara)で勝負しました。同店のナディア・ブルンナー(Nadja Brunner)さんは、「マリナーラはほんの少しの材料が味を決める、全てのピザの基本。世界で一番のピザと競うために、参加を決めた。」と話してます。

 このマリナーラが大会で評価されたのは材料。特にその特別な生地にあるとか。使用している粉は石臼で挽かれているため、たんぱく質の割合が少ない上に、長時間の発酵により健康で消化のよい生地に仕上がっていると言います。

 時間や労力をかけて開発した生地が評価され、同店の関係者はとても喜んでいるそうです。お近くにお越しの際は健康で美味しいスイスのピザ、食べてみてはいかがでしょうか。

 同店について詳しくはこちらのホームページをご覧下さい。(独)


コメントを投稿する