2017年 最も検索されたワードは?

20171228_kayoko_news_5741 今年も「2017年 Google検索ランキング」が発表されました。日本の急上昇ワードの1位は今年6月に亡くなった「小林麻央」さん、2位はミサイルや核開発問題で緊迫した「北朝鮮」、3位は「ドラクエ11」でした。

 スイスで最も検索されたワード1位は「iPhone8」、2位には昨年のひざの故障から華麗な復活を遂げ全豪オープンやウィンブルドンを制した「ロジャー・フェデラー」氏、3位には、1位にもランクインしたApple社の「iPhoneX」。

 4位には、11月にオープンした中央スイスで最大規模となるショッピングセンター「モール・オブ・スイス」が、7位には4月にエベレストの登頂準備中に滑落で亡くなったスイス人登山家の「ウーリー・ステック」氏、8位には1956年から続く、欧州放送連合に加盟するヨーロッパ各国のミュージシャンが競い合う音楽祭「ユーロビジョン・ソング・コンテスト」が検索されました。

 Apple社は、昨年も2位に「iPhone7」が登場するなど、スイスでは根強い人気ですね。来年はどんなワードが検索されるのか楽しみです。

1位 iPhone8(Apple社)
2位 ロジャー・フェデラー(Roger Federer)
3位 iPhoneX(Apple社)
4位 モール・オブ・スイス(Mall of Switzerland)
5位 ドナルド・トランプ(Donald Trump)
6位 ハンドスピナー
7位 ウーリー・ステック(Ueli Steck)
8位 ユーロビジョン・ソング・コンテスト
      (Eurovision Song Contest)
9位 アルペンスキー世界選手権
      (Alpine Skiweltmeisterschaft 2017)
10位 ハリケーン・イルマ(Hurrikan Irma)

 


コメントを投稿する