クリスマス休暇、人気の渡航先

 

20171217_midori_news_063

 クリスマスや年末年始の休暇に旅行の計画を立てている方もいらっしゃるのではないでしょうか。スイスでも、年末年始は旅行へ出掛ける人が多く見られます。  

 スイス電信通信社(l’Agence télégraphique suisse)が行った、スイス人に人気のクリスマス休暇の渡航先調査によると、最も予約された渡航先はタイ(Thailand)で、中でもバンコク(Bangkok)やプーケット(Phuket)が人気とのことです。また、スペイン(Spain)のカナリア諸島(Canary Islands)も予約数2位となっており、普段寒い国で暮らしているスイス人にとっては気温が高く、泳げる観光地が好評であることが明らかになりました。

 さらに、エジプト(Egypt)への予約数も前年の冬に比べて60パーセント上昇しました。昨年は観光客に対するテロの影響で観光客数が激減していましたが、今年はまた増加傾向が見られます。

 「ホテルプラン・スイス(Hotelplan Suisse)」は、「今年はカレンダー上の祝日の関係で、昨年より少ない休暇取得で1週間の旅行が可能なため、海外旅行を計画している人数が昨年より増加している」と指摘しています。  

 スイスは海に面しておらず、冬は寒いため、気温が高いビーチが人気なのも納得なのかもしれませんね。

 


コメントを投稿する