アドベントカレンダーもアプリで!?

20171208_kayoko_news_ 560

 最近では日本のお店でも見かけるようになったアドベントカレンダー(Adventskalender)。アドベントとはクリスマス前の4週間のことで、降臨節や待降節とも言われ、具体的にはクリスマスの4週間前の日曜日から始まります。

 アドベントは、クリスマスを待つ大切な時期で、クリスマスリースにろうそくを4本つけたアドベントクランツ(Adventskranz)に毎週日曜日一本づつ火を点けて祝います。

 一方、アドベントカレンダーは12月1日からクリスマスイブの24日までの日数を心待ちにして数えるためのカレンダーで、24の小窓の中にチョコレートや小さなお菓子が入っています。市販のものだけでなく、ひとつずつ日付の書いた袋に入った手作りのものもあり、子供だけでなく大人も毎日何が入っているのか考えながら開けるのがアドベントの楽しみです。

 最近ではこのアドベントカレンダーのアプリがとても充実してきているそうです。例えば、クラッシックなタイプだと窓を開けるとクリスマスにまつわる物語や音楽に写真、海外のクリスマスの過ごし方などの情報が。友達同士でシェアしたい人には写真やメッセージを入れて自分で作るもの。クリスマスを待ちきれない人には秒単位でのカウントダウンの他、ゲームになっているもの等、盛りだくさんです。

 デジタルのアドベントカレンダーの良いところは当日限定で、事前には開けられない事だとか。

 今年はお気に入りのデジタルアドベントカレンダーを見つけてアドベントを楽しんでみてはいかがでしょうか?


コメントを投稿する