ワールドカップ、対戦相手決定!

20171207_kayoko_news_559

 来年の6月14日に開幕する「2018 FIFA ワールドカップ」のロシア大会。本体での1次リーグの組み合わせが、今月1日に決定しました。

 今年11月のFIFA最新ランキングで55位の日本はH組、初戦は6月19日コロンビア(同ランキング13位)、第2戦は6月24日セネガル(23位)、第3戦は6月28日にポーランド(7位)と対戦します。

 一方、4大会連続11回目の出場となるランキング8位のスイスのグループはE組となりました。初戦は6月17日ブラジル(2位)、第2戦は6月22日セルビア(37位)、第3戦は6月27日コスタリカ(26位)と戦います。優勝候補のブラジルと同じ組になってしまったことを落胆するファンもいますが、出場選手達のツイッターでは「待ちきれない!」や「早くこのユニフォームで戦いたい」等、前向きな声が多く挙がっています。

 また、2014年からスイス代表の監督を務めるヴラディミル・ペトコヴィッチ(Vladimir Petković)氏は、対戦相手について「ブラジル戦では、前半早いうちに得点をとりたい。チャンスがないわけではない。コスタリカの選手にはヨーロッパでプレイしている選手も多く、やっかいな相手。セルビアは個人技が上手い選手が多いが、最近はチームとして均等が取れてきている。」と、どのチームとの対戦も全力で戦う姿勢を見せています。

 日本もスイスもまずは一次リーグを勝ち抜けるよう、ぜひがんばって欲しいですね。


コメントを投稿する