スイス人男性、機内トイレに身を隠す

20171119_midori_news_056

 数週間前、スイスのジュネーヴ(Geneva)空港にて、フライトチケットを持たない7歳の女の子がセキュリティを潜り抜け、飛行機内へ乗り込んでしまうという出来事がありました。今度はイギリス、ロンドン(London)のガトウィック(Gatwick)空港で、25歳のスイス人男性が同様の騒ぎを起こしてしまったようです。  

 今月12日、離陸前のロンドン発ジュネーヴ行きの「イージージェット(Easyjet)」の機内で、この男性がトイレに隠れて身を潜めているところを発見され、機長によって強制的に飛行機から降ろされてしまうという騒ぎがあったのです。

 当日、あらかじめ予約していた便に乗り遅れてしまったこの男性は、搭乗券なしで次の便に乗ることを決意し、そのままセキュリティに気付かれることなく機内への潜入に成功。しかし、機内での空席がなかったため、トイレに隠れる羽目になってしまいました。全員が着席しているのにもかかわらず、トイレがずっと「使用中」になっていたことから、客室乗務員が異変に気付き、男性の発見へとつながりました。

 他の乗客たちは驚き、ショックを受けたといいます。その場にいた乗客の1人は「なぜこの男性が誰にも気付かれずに機内へ入り込めたのか分かりません。その後も、機内を念入りにチェックされていましたが、怖がって機体から降りる乗客もいた。」と当時の状況を語っています。  

 イージージェットは今後、原因解明のための調査を開始するとしていますが、飛行機に安心して乗れるよう、対策をしっかりしてもらいたいですね。


コメントを投稿する