ビタミンD ( Burgerstein Vitamin D )

20170923_reiko_vitamind_001_cut 日本とは気候が大きく違うスイスの秋冬は、寒さはもちろんですが陽射しがあまりなく、なんとなく元気がなくなってしまう方もいらっしゃるかと思います。気候に慣れないうちはもちろん、慣れてからでも対策を取ればより快適に毎日を過ごすことができるかもしれません。

 気分がさえない時の対策に、ビタミンDの摂取があげられます。ビタミンDには様々な効果がありますが、その一つに気分を安定させてくれる働きがあるようです。

 本来、ビタミンDは皮膚が陽射しを浴びる事で合成されますが、陽射しがない季節はそれができないため、どうしても不足してしまいがちになります。

 ビタミンDは薬ではないので即効性はありませんが、薬局などで処方箋なしで購入できます。私自身、冬に薬局にたまたま入ったときに薬剤師さんとのお話の中でこの情報を聞き、それ以来秋口から飲むようにしています。

 雨や曇りの日が続いた時にはサプリメントなどでビタミンD補給をして、これからやってくる寒い季節を乗り切っていきましょう。

 写真は、アンティシュトレス社(Antistress AG)のブルガーシュタイン製品(burgerstein)で、16フランで購入できますが、その他にも多くの会社からビタミンDが売られていると思います。ご自身に合ったサプリメントを見つけてくださいね。

<お問い合わせ>
Antistress AG
Fluhstrasse 30, 8645 Rapperswil-Jona
Tel: +41 (0)55 220 12 12
http://www.burgerstein.ch/ (独・仏)

** 効能や効果については、個人差があります。妊娠中の方、持病をお持ちの方、また治療を受けている方などは、ご服用前に医師や薬剤師に相談されることをお勧めします。
** 体調や体質に合わないと感じた場合にはご使用をお控えください。


コメントを投稿する