犬の破壊行為、飼い主ショック隠せず

 

20170925_midori_news_040

 ペットの犬や猫は、飼い主が気付かないうちに家にあるものを壊したり、破ってしまったりすることがあるので注意が必要です。先日、ザンクト・ガレン(Sankt Gallen)州で、ちょっと悲しい事件が起こってしまいました。

 同州に住むルーカス・シュテュブレ(Lukas Stüble)氏は、ある朝、自分の飼い犬が床で紙を噛みちぎって、散らかしているを発見しました。その紙をよく見てみると、それはヨーロッパツアーでチューリッヒ(Zürich)で開催予定だった、「ローリング・ストーンズ(Rolling Stones)」のコンサートチケットだったのです。*同コンサートは9月20日に開催終了

 噛みちぎる犬を止めたも、時すでに遅し。家族6人で行くために買ったというコンサートチケット総額は、なんと1,400フラン(約16万円)。6枚すべて噛みちぎってしまったとのことです。この悲劇を直視したシュテュブレ氏は「この紙切れがストーンズのチケットだと分かった時は、ショックで泣きそうになった」と話しています。

 同氏は、チケット発行元であるチケットコーナー(Ticketcorner)に直ぐさま連絡するも、チケットに印刷されていたバーコードとIDナンバーの部分も破られていたため、再発行も断られてしまいます。

 しかし、今回は世界のロック史に残る偉大な英ロックバンドとあって、希望を捨てきれなかったようです。事態は、地元のラジオ番組で事情を説明して理解を求めるところまで発展しました。

 最終的には家族全員に入場許可が出され、9月20日に行われたコンサート会場に参加することが出来たとのこと。無事に入場ができて安心しましたが、普段は可愛い愛犬のいたずらが、今回のような事態へと発展してしまうこともあるのですね。今後は、貴重なものはペットが届かない場所に隠しておくのが賢明かもしれません。

 また、このような犬の行為の背景には、しつけの仕方や運動不足によるストレスが関係しているとか。飼い犬のストレスを上手く発散させてあげることも大切ですね。

 


コメントを投稿する