ゴミのコンテナ モロック・Molok ( Bern )

20170517_haruka_molok_001_cut スイス各地では、ゴミ収集場所が次々と新型ゴミのコンテナ「モロック(Molok)」に変わり始めているようです。ここベルン州のヴァルビルス地方(Valbirse, Bern)では、2017年5月17日からこちらのコンテナへと切り替わりました。

 今までは地面の上におかれた箱のようなコンテナからゴミ袋がはみ出したり、壁もカバーもないゴミ収集所が多くありました。夜間に野生動物に漁られないよう、ゴミを出してよい時間も短く厳しく決められている地域も多かったのではないでしょうか。

20170517_haruka_molok_002_cut

 新型コンテナ上部の蓋をあけて覗き込むと、落とし穴のような空洞が地下まであり、そこに数百リットル分の巨大なひとつのゴミ袋が入っているのが見えます。家庭から持ってきたゴミ袋はそこへ捨てるだけです。しかもこのコンテナになってからは、燃えるゴミのゴミ出しが何曜日でも24時間できるようになりました。

 ただし、ゴミ処理の税金が料金に含まれてる自治体指定ゴミ袋だけ入れられるという注意書きがあります。キャンディの包み紙や使い終わったティッシュ単品などの指定ゴミに含まれないゴミを捨てることは禁止です。

20170517_haruka_molok_003_cut

 このコンテナの構造ですと、鳥や猫やキツネにゴミ袋が漁られることがないのと、半分土の中に入っているので、夏場に高温になったゴミがキツイ匂いを出すこともないといいます。これで、いつでもゴミ出しができるわけですね。

 また、ゴミ収集がとても簡単で素早くできるため、ゴミ収集業者が各自治体にこちらのコンテナへの切り替えを要望する事もあるとか。

 穴を掘って新しく設置するため、このコンテナへの切り替え時期にゴミ収集場所が変更されて、知らずに古いゴミ収集所にゴミを捨てると罰金を払わなくてはいけないので要注意。

<参考サイト>
OptiWaste MOLOK
http://www.optiwaste.ch/fr/accueil/ (独・仏)

※各自治体によって状況が異なります。ゴミのルールに関しては、現在お住いの各自治体にてご確認ください。

 

 


コメントを投稿する