ジャスティン・ビーバーがピザ屋に出現

20170906_kayoko_news_493-2 スイスは王侯貴族や大富豪が休暇に訪れることでよく知られています。今年の3月にはヴァレー州(Valais)の山岳リゾート地、ヴェルビエ(Verbier)のクラブで、英王室ウィリアム王子(Prince William)らしき人が踊っていたと騒がれ、YouTubeなどで話題を呼びました。また、コンサートやイベント等で訪れた後にふらっとお店を訪れる、芸能人やスターもよく目撃されています。

 カナダの人気ポップミュージシャン、ジャスティン・ビーバー(Justin Bieber)もその一人。6月に行われたコンサートの時には、チューリッヒ(Zürich)の公園シナガルテン(Chinagarten)でサッカーをしたり、温泉リゾート施設のバート・ラガツ(Bad Ragaz)でゴルフを楽しんだりと、様々なメディアで報道されました。

 そして彼が最後に訪れたのは、グラウビュンデン(Graubünden)州クール(Chur)にある小さなピザ屋さん、ピッツェリア・ディエチ(Pizzeria Dieci)でした。ビーバー氏がゴルフでの賭けに勝ったご褒美として、食事をおごってもらうために注文したのは、バルサミコソースのサラダ、カルボナーラスパゲッティ、ラザニア、生ハムとマスカルポーネのピザだったそうです。

 当時、お店に駆けつけた約40人程のビーバー氏のファンとの交流もとても雰囲気がよかったと言います。早速、お店のオーナーはビーバー氏が座ったその椅子に彼の名前と訪問日のついたプレートを取り付け、彼の来店を喜びました。

 その後、この椅子を目当てにやって来くる来店者が増え、椅子に座って写真を撮る人も続出。お店にとっては来店者が増えるのは嬉しいことですが、困ったことに何度も盗難被害にあいかけたり、盗まれた後に戻って来たりという騒ぎがあると言います。

 熱狂的なファンが多いビーバー氏、わざわざ椅子をお店から持ち出してまでも欲しくなるんですね。

 

 


コメントを投稿する