スイスで長距離バスが人気上昇中

swissjoho_FlixBus 通常、海外旅行をするとなれば、島国の日本からは飛行機や船などの移動手段を使うことが必須となりますが、陸続きのヨーロッパで海外旅行をする際は、車やバスで簡単に他国へ行くことが可能です。

 ドイツの長距離バス会社「フリックスバス(Flixbus)」のメディア向け発表によると、 今年の6月から8月の期間は昨年の同じ時期と比べ、長距離バスで旅行するスイス人は45パーセントも伸びたと報告しており、特にスイス人に人気の行き先は、ドイツのベルリン(Berlin)とのことです。

 このフリックスバスは、2013年にミュンヘンで設立されたばかりの新しい会社ですが、ヨーロッパにおいて広範囲のルート路線を拡大し、急激な勢いで成長しており、特にドイツ、フランス、中央ヨーロッパ等を旅行する際に欠かせない存在となっています。この急成長の理由は、バスの新しい目的地が多く追加されたことに起因しています。

 チューリッヒ(Zurich)やルツェルン(Luzern)からイタリアのヴェネツィア(Venezia)やミラノ(Milano)まで行くことも可能になり、また今年の7月からシャフハウゼン(Schaffhausen)などの都市の選択肢も増え、更に便利になりました。同企業は更なる利用者拡大を目指すとのことです。

 バスで海外旅行へ行けるのは陸続きのヨーロッパならではだと思いますが、便利さや気軽さから今後ますます利用者が増えていきそうですね。

 


コメントを投稿する