オーバー湖で飼い犬3頭が謎の急死

20170829_kayoko_news_487

  グラールス(Glarus)州にある、オーバー湖(Obersee)周辺は、ハイキングや散歩を楽しむ人に人気のスポット。ところが、先日飼い主と犬3頭がこの湖の近くにあるネーフェルス(Näfels)地方を訪れていたところ、犬3頭が突然意識を失い、約30分で「謎の死」を遂げるという、悲しい出来事がありました。

  犬の遺体を診断した獣医のハンスペーター・ヴェーバー(Hans Weber)氏は謎の急死の原因について、「一般に流通している毒物を食べた症状とは異なるのと、今回のように何匹もの犬が一度に死んでしまうケースはこれまで経験したことがなく、原因を特定することが難しい」と話し、原因の解明までには時間がかかる見通し

  現在、同警察はオーバー湖の水質調査、遺体解剖や毒物検査なども行い、犬の遺体から毒物が検出されるかも調べているとのこと。なお、調査結果はまとまり次第、公表される予定です。

  また、同地域で犬を連れて散歩の際にはリードは短く持ち、犬が何でも口にしないよう制限するよう、犬の飼い主に警察が注意を呼びかけています。

  それまで元気だった愛犬3匹がはっきりした原因や理由がわからないまま突然亡くなってしまうのは、大変ショックな出来事ですし、同地域に限らず、犬を散歩に連れて行くのも不安になりかねません。今回の急死の原因解明が急がれます。

 


コメントを投稿する