猫は2匹で飼うべき?!

20170828_midori_news_032

 金融コンサルティング会社マネーパーク(MoneyPark)の発表によると、スイスでは3人に1人がペット暮らし、その中でも一番人気のペットが「猫」とのことです。これは、スイス全体の約21パーセントの人は少なくとも1匹猫を飼っているとなります。

 そのような状況の中、スイスの複数の動物保護団体(SPA)は、「猫を室内で飼うなら一度に2匹飼うべきだ」と主張、子猫を譲渡する際には2匹同時に引き渡すことを義務化しています。

 ヴァレー(Valais)州SPA猫部門の責任者、マリー・クリスティーン・ソティエ(Marie-Christine Sauthier)氏は、「猫を2匹で飼うことを義務化しているのは、猫が1匹で生活した場合退屈してしまい、家のものを全て壊してしまうことを防ぐため。アパートに閉じ込められている猫は、行動に問題があることを理由に団体に戻されてしまうことが多い」と義務化の理由について明らかにしています。

 一方、スイス獣医協会(l’Association vétérinaire suisse)の会長、アヌリ・ミュゼル・レヴラ(Anneli Muser Leyvraz)氏は、「子猫はある程度刺激が必要なため、1日中1匹だけで部屋の中で過ごすことは不十分」としながらも、2匹同時飼いを強いることは「個々の猫の性格なども配慮しなければならないため、全てを統一化するのは行き過ぎている」と反対意見を述べ、この義務化においては賛否両論となっています。

 1匹、または2匹飼う場合でも、猫を飼いたい人が猫を最優先に考え、猫が暮らしやすい環境を整えてあげるのは大切なことですね。

 


コメントを投稿する