スイスの赤ちゃん人気名前ランキング

20170825_kayoko_news_485

 スイスで妊娠、そして子供が生まれてくる期待と喜びと共に、頭を悩ますのが「子供の名前」。 どんな名前にすれば良いのか、名付けで悩んでいる方もいらっしゃるかと思います。

 さて、スイス統計局(BFS)が公表する「2016年赤ちゃんの出生統計調査」によれば、2016年にスイスで生まれた男の子は44,932人、女の子42,951人と、男の子が女の子に比べ、1,981人多いという結果が出ています。

 そして、気になる「2016年スイスの赤ちゃん人気名前ランキング」の内容ですが。昨年生まれた男の子の名前で最も人気が高かったのがノア(Noah)で、2013年以降連続1位にランクイン。2位にリアム(Liam)、そして3位にはガブリエル(Gabriel)とルカ(Luca)の2つの名前が入っています。次に女の子の名前では、1位ミア(Mia)、2位エマ(Emma)、3位エレナ(Elena)となり、男女共に1位と2位の名前が2015年と同様の結果となっています。

 また、言語圏別で見た人気の名前は、ドイツ語圏ではノア(Noah)とミア(Mia)、フランス語圏ではガブリエル(Gabriel)とエマ(Emma)、イタリア語圏ではレオナルド(Leonardo)とソフィア(Sofia)、ロマンシュ語圏ではラウリン(Laurin)とバレンティーナ(Valentina)が上位を占めています。

 2016年は、特に目立った名前の登場はなく、毎年人気の名前がランクインしていますが、皆さんのご家族やお友達、お知り合いなどで人気の名前の方はいますか。

 赤ちゃんの名前といえば、明治安田生命保険が昨年発表した「2016年赤ちゃんの人気名前ランキング」で、オリンピックイヤーだったのもあり、日本では「リオ」ちゃんが12位から4位にランクアップしたとか。子供の名前は一生ものですので、じっくり考えて生まれてくる子供に合う名前をつけてあげたいですよね。

 


コメントを投稿する