「世界大学ランキング2017」が発表!

 

20170820_midori_news_029 上海交通大学(Shanghai Jiao Tong University)の大学研究センターは、「2017年版 世界大学学術ランキング(The Academic Ranking of World Universities 2017)」を先日発表しました。同ランキングは、2003年に始まり、ノーベル賞(Nobel prize)の受賞数、論文の質や発表数など様々な基準をもとに世界中の大学のトップ500を選定しています。  

 同発表によると、1位は、発表開始以来15年連続である、アメリカのハーバード大学(University of Harvard)、2位は、同国のスタンフォード大学(University of Stanford)、3位は、イギリスのケンブリッジ大学(University of Cambridge)でした。

 スイスの大学に関しては、トップ100以内に5大学がランクインしており、19位がチューリッヒ工科大学(ETH)、58位がチューリッヒ大学(University of Zurich)、60位がジュネーヴ大学(Uiversity of Geneva)、76位がローザンヌ工科大学(EPFL)、そして95位がバーゼル大学(University of Basel)という結果となりました。

 なお、日本の大学に関しては、トップ100位以内に3大学がランクインし、24位が東京大学、35位が京都大学、そして84位が名古屋大学となっています。

 また、トップ100以内に入った大学数を比べると、アメリカ(48大学)、イギリス(9大学)、オーストラリア(6大学)に続き、スイスは世界で4位となっており、英語圏を除く地域では1位となっています。

 トップ100に5大学もランクインするとは、スイスの大学の学術レベルの高さが分かりますね。詳しいランキングについてはこちらをご覧ください。(英語・中国語)


コメントを投稿する