ホテル稼働率トップは、温泉リゾート!

swissjoho-SwissHolidayPark Resort

 みなさんは、突然「温泉入りたーい!」と思うことありませんか?日本には都心にも天然温泉の施設があり、気軽に楽しむことが出来ますが、海外となるとなかなか難しいのが現状です。

 ところが、温泉でほっとするのは日本人だけではないようです。2016年スイスのホテルで客室稼働率が最も高かったのは、温泉地モルシャッハ(Morschach)でした。しかも、年間の客室稼働率が81.4%で、ダントツの高さです。2位はチューリッヒ(Zürich)州のクローテン(Kloten)で79.9%でした。

 このモルシャッハにあるのが、レジャーリゾート施設「スイスホリデーパーク(Swiss Holiday Park)」です。ここにはスポーツ施設はもちろん、プールには子供が遊べるスライダーや滝だけでなく、ローマ風呂やアルプスの絶景を見ながら入れる展望露天風呂もあります。

 高い稼働率を獲得できた理由について、同施設の代表ヴァルター・トレシュ(Walter Trösch)氏は「温泉はもちろん、立地的な要因もあります。チューリッヒからモルシャッハまでは、車で1時間ほどですが、チューリッヒとは全く違った、スイスらしい風景を楽しむことができます。さらに客層のターゲットは家族連れだけでなく、健康目的やセミナーの参加者へも広げていることも、一因だと思います。」と話しています。

 また、ユーロ危機に陥った2012年にコンセプトを変え、新しいアトラクションを次々と展開していったことも成功へつながっていると同氏は言います。

 家族でスポーツをしたり、プールや温泉で楽しんだり、ゆっくりと露天風呂に入ったりと考えただけでもすぐに行きたくなりますね。スイスの温泉行ってみてはいかがですか?

詳しくは、こちらのホームページをご覧下さい。(日本語対応)

 


コメントを投稿する