スイス人はインターネット依存症?

 

20170724_midori_news_022

 パソコンやスマートフォンをワイヤレスでインターネットに接続させることができるWi-Fi。最近では、カフェ、レストラン、またホテルなどの観光施設でも無料でWi-Fiを提供する場所が増えてきています。

 そんな中、スイスの調査研究所「リンク(LINK)」は、スイス人を対象にインターネット習慣と休暇に関するアンケートを実施しました。

 同研究所が発表した結果によると、今回の調査対象者うち、50パーセントの人が「たとえ休暇中であっても、Wi-Fiを使えるか否かということが休みの過ごし方や選択肢に大きく影響する」と答えています。

 さらに、3人に1人が「無料Wi-Fiがないホテルやレストランを選択肢から外す」とWi-Fiの必要性を強く示し、特に若者や高所得者ほど常にWi-Fiを使える環境を望んでいるとしています。

 同調査はまた、公共の無料Wi-Fiを使うためなら、車での移動も厭わないという人もいると報告しており、調査対象者の10パーセント以上の人が、無料のホットスポットを探すために20分以上車を走らせる、と述べています。

 Wi-Fiは、私達の生活やビジネスにおいて便利にしてくれるものでもありますが、たまにはインターネットから離れて、家族や友達との時間も大切にしていきたいですね。

 


コメントを投稿する