貯金するスイス人は何割?

 20170710_midori_news_018

 今年5月、総務省が発表した「2016年度の家計調査報告」によると、2人以上の世帯における1世帯当たりの平均貯蓄残高は1820万円とのことでした。昔から日本人は他国と比べても貯金好きなイメージがありますが、ではスイス人はどうなのでしょうか。

 先日発表された、スイスの比較サイト「comparis.ch」が行った月収の使い方に関するアンケートの結果によると、5人に1人のスイス人が毎月貯金をしていないと答えました。また、アンケートに答えた人数のうち、14パーセントは毎月の収入を全て使ってしまうとし、4パーセントは月収以上を使っていると回答しました。

 毎月全ての収入を使い切ってしまう一方で、貯金を心掛けている人も多いようです。全体の45パーセントは毎月無理のない貯金をしており、22パーセントはできる限りストイック貯蓄をしていると回答しました。その他の人々は、月によって収入の使い方が異なると答えています。

 今回の調査では、5人に1人は貯金できないとしているものの、全体の約7割は貯蓄していることが分かりました。先を考え、倹約するという点ではスイス人と日本人は似ているのかもしれませんね。

 


コメントを投稿する