あの名シェフが帰ってくる!

 

20170707_kayoko_news_450

 スイスに多くの国際機関の本部があることはよく知られていますが、スポーツ関連団体の本拠地も多く存在します。国際サッカー連盟(FIFA)の本部も、1932年にパリから移転し、チューリッヒ(Zürich)の緑豊かな広大な敷地の中にあります。

 この本部のレストラン「FIFAクラブレストラン」が「ゾンネンベルク(Sonnenberg)」というレストランです。FIFAの幹部だけでなく、各国のサッカー選手も食事をする有名レストランです。

 このレストランで17年間シェフを務めたのが、レジェンドシェフ、ジャッキー・ドナーツ(Jacky Donatz)氏です。彼のスペシャリテは肉料理で、子牛のステーキにはドナーツの名前が付くくらいの有名メニューでした。

 残念ながら、かねてから元気なうちに引退をして好きなことをやりたいと考えていたドナーツ氏は、65歳となった2016年12月に惜しまれながらレストランを引退しました。

 ところが、常連客からドナーツ氏の料理を食べたいとリクエストが多かったため、週末だけゲストシェフとして新たなレストランで料理を提供することを発表しました。

 彼の料理が食べられるのは、チューリッヒのレストラン「Coco Grill & Bar」で、8月20日から日曜だけ彼のスペシャリテを楽しむことができます。

 クリスマスシーズンには、他のレストランでも彼のスペシャリテを楽しめると言います。もう一度食べたい方、まだ食べたことのない方も、一度訪れてみてはいかがですか?

 レストラン「Sonnenberg」については、こちらのホームページをご覧下さい。(独/英)

  レストラン「Coco Grill & Bar」については、こちらのホームページをご覧下さい。(独)


コメントを投稿する