地元愛が強いスイスの都市はここだ!

20170704_kayoko_news_447

 みなさんはご自分が住んでいる町や出身地、気に入っていますか。自分が住んでいる町が好きだったら、いろんな人とその町についていろいろ語りたい時もありますよね。

 そんな時に役に立つのが、フェイスブックのグループ機能です。共通の趣味や関心を持つ人達が作るコミュニティとして利用されています。スイスの各都市のグループも作られていますが、ここでダントツに人気なのがルツェルン(Luzern)のグループです。現在のこのグループの参加メンバーの数は約12,000人、2番目に人気なのが、ルツェルンの人口よりも約5倍多いチューリッヒ(Zürich)のグループが約11,000人です。

 3番目にグループの人数が多いのは、シャフハウゼン(Schaffhausen)で約9,500人、その後はトゥーン(Thun)、ベルン(Bern)、ザンクトガレン(Gt. Gallen)と続きます。

 ルツェルンのグループを3年前に立ち上げたのは、44歳のトム・ヤオッホ (Tom Jauch)氏。ルツェルンで生まれ育った元お巡りさんです。彼のルツェルン愛は限りなく、結婚できるならルツェルンと結婚したいと言うくらいだとか。彼は現在トゥーンに住み、もう12年が経つと言いますが、ルツェルンのカペル橋の写真をみるたびにホームシックになるそうです。

 ヤオッホ氏の一番のお気に入りは、ルツェルンの湖畔にあり、100年以上の歴史のある湖水プール「ゼーバート(Seebad)」のテラスで日光浴をすることだとか。ここで泳ぐだけでなく、レストランやバー、音楽イベントもあり一日中湖を見ながら楽しむことができます。都会でもなく田舎でもないそんな所がいいのかもしれないとヤオッホ氏は言います。

 みなさんのスイスのお気に入りの都市をぜひシェアしてくださいね。

ルツェルンのグループサイト(独)
Du besch vo Lozärn, wenn…

ゼーバートについてはこちらのホームページをご覧下さい。(独)

 


コメントを投稿する