5フランで1等車にアップグレード?

20170628_kayoko_news_443

 みなさんは飛行機のフライトやホテルの部屋をアップグレードしてもらった経験ありますか?思いがけぬ幸運が贅沢な気分にさせ、なんだかサプライズのプレゼントをもらったような気分になりますよね。

 スイス連邦鉄道 (SBB)でも、追加料金5フランで2等車から1等車へのアップグレードを期間限定で行っています。残念ながら、このアップグレードは電車の走行中に車掌の判断によるもので、どの電車がいつ、どこで実施されているのかを明らかにしていません。

 消費者保護団体はこの具体的に明らかにしていない取り組みに対し、批判的に捉えています。消費者保護基金 (Stiftung für Konsumentenschutz)のサラ・シュタルダー (Sara Stalder)さんは、公共交通機関の乗車券は透明性が必要であり、全ての人が入手可能でなくてはならないと訴えています。

 この訴えに対しSBBは、「2等車が満席でも1等車はガラガラのことが多く、この試みは1等車と2等車間の乗客率の差 (ギャップ)を埋めるためであり、保証されたものではない」と話しています。なお、この試験的なアップグレードの実行は今年の年末まで行われる予定です。

 この乗客率のギャップについては、電車利用客にとっては気になるところではないでしょうか。特に朝や夕方、夜間など混雑時の1等車には数人の利用客、2等車はというと、満席で通路に立っている人もいるほど。安全のためにも、2等車の混雑緩和を考慮した今後のSBBの取り組みに期待したいですね。

 


コメントを投稿する