スイスで地震?!

20170611_midori_news_009

 今月6日スイス時間午前9時18分、フリブール(Fribourg)州のノワール(Noir)湖付近で地震がありました。  

 チューリッヒ(Zurich)にあるスイス地震サービス(Service sismologique suisse)の発表によると、震源地は同湖から北西9キロメートルの場所で、地震の規模(マグニチュード)は3.3と推定されています。なお、この地震による被害は無かったとのことです。  

 国内で発生した地震は、フリブールだけではありません。今年3月6日にもマグニチュード4.6の地震がシュヴィーツ(Schwyz)州で観測され、過去10年で起きた地震では最も大きいとされています。  

 スイスでは毎年800程の小さな地震が観測されています。これまでに大きな被害は出ていませんが、地震の専門家曰く、「大きな地震が起こる可能性は常にある」と述べています。  

 また、スイスでの最大規模の地震は、1356年に起きたバーゼル(Basel)の地震です。マグニチュード6.6の揺れは、同市の大部分を破壊し、甚大な被害を与えました。  

 あまり地震のイメージが無いスイスですが、年間800件も起こっているとは驚きですね。いざという時のために普段からしっかり備えておきたいですね。

 

 


コメントを投稿する