満員だと降ろされる!?ゴッタルド線

 

20170609_kayoko_news_430

 少し前に、オーバーブッキングのために飛行機から降ろされるといった出来事が頻繁に起こり、世界的に注目を集めました。

 飛行機だけでなく、昨年の12月に開通したゴッタルドトンネル (Gotthard-Basistunnel) を通る新鉄道に乗った乗客も乗客が多すぎた場合、列車から降ろされています。

 世界最長のトンネルを通る鉄道は開通以来好調で、すでに200万人がトンネルを通過し、乗客数は旧鉄道に比べ30%もアップしています。そのため、満席になり通路に立って乗車する人達も多く見られます。ところが、通路を通れない程に乗客が増えた場合は、駅員の判断で降りてもらい次の電車に乗ってもらう処置を取っています。

 その際、お詫びとして5フラン (約570円) のクーポンが渡されると言います。次の電車は約30分後に発車するため、約30分待つことになります。これまでに約700人が電車から降ろされたそうです。

 飛行機とは違い、30分後に出発できるのならあまり問題がなさそうですね。5フランかかりますが、予約もできるので、心配な方は事前予約をお勧めします。


コメントを投稿する