スイス国内の引越し ( Umzug )

20170418_maki_umzug_17990359_10155168785771838_2274267072186869808_o_cut スイスで引越しをする場合、自力で引っ越す人も多いと聞きますが、州をまたいでの引越しとなると自分の力でというのも限界がありますね。日本と同じように引っ越し業者に全てお任せしたいとは言え、気になるのがその費用ではないでしょうか。

 今回は、実際に別の州に引越し業者を利用して引っ越したスタッフの体験談をもとに「スイスでの引越し事情」をお話したいと思います。
 
見積もり
 始めに行うことは見積もり依頼です。引越し業者さんが家の下見に来て、ある程度の家具や荷物の多さ、そして必要なトラック台数を予想して見積もりを出してくれます。その見積もり内容でOKであれば、引越し日を連絡して引越し準備が始まります。

 荷造りのダンボールは業者から買い取り、引越しの1週間前に自宅まで持ってきてもらいました。

引越し当日
 引越し当日、時間通りに作業員の男性2名が到着したかと思うと、あっという間に荷物を運び出してくれました。実は見積もり当初の予想よりも荷物が多くなってしまい、結局全ての荷物が1台のトラックでは収まらなかったのですが、トラック2台で新居へ向かうことができました。
 
 新居に到着すると、引越し屋さんがあっという間に荷物を降ろしてくれましたが、同時に作業員の方へ次々に荷物の配置を指示せねばならず、大忙しでした。
 
引越し費用
 合計7時間の引越し作業が無事に終了して、引越し業者へお支払いしたのは合計金額1,328フラン。

金額の内訳

・7時間 (作業時間) × 165フラン (作業代の時給) = 1,155フラン
・ラッピング用フォイル (Verpackungsmaterial) = 35フラン
・ダンボール40個 = 40フラン

合計1,230フラン + 消費税8% (Mehrwertsteuer)

支払い
 作業終了時に支払いをするということで、現金払いで業者の方へお支払をして引越し完了です。お金はかかりますが、プロに頼むと本当にスムーズに早く終わるので、今回は業者さんに頼んでよかったな〜と思いました。
 
 皆さんも、スイスで引越しをされたことはありますか?
 
※こちらの情報は執筆者の体験談です。依頼する業者により値段と内容が大きく異なります。ご自身で契約内容をお確かめの上でのご利用をお願い致します。

 


コメントを投稿する