アルプスに世界最長のつり橋が登場!

20170601_kayoko_news_424

 スイスの旅の楽しみの一つに、美しい山々を見ながら自然に触れるハイキングがあります。道は歩きやすく整備され、分かりやすい標識も立てられているので、簡単で短いルートから何日もかけて山を登る本格的なコースまで初心者から上級者まで誰でも楽しむことができます。

 今年の夏、そんなハイキングに新たなハイライトが登場します。標高2,100mにある長さ490mの歩行者専用の世界最長のつり橋です。つり橋があるのは、グレッヘン(Grächen)とツェルマット(Zermatt)を結ぶマッターホルン(Matterhorn)を望むことのできるオイローパベック(Europaweg)という全長35.7kmのコースです。

 実はここには以前にも250mのつり橋がありましたが、2010年に約50トンもの岩の落下による崩壊で通行止めに。そのため、ハイキングをする人たちは、一度、谷まで降りて迂回する必要がありました。

 これまでの世界最長のつり橋は、オーストリアの405mでしたが、新しいつり橋は2010年の落石現場よりも高い位置に建設されたので、以前よりも長くなり、今年の7月から通ることができます。

 ちょっと怖い気もしますが、行ってみたいですね。みなさんも今年の夏、世界最長のつり橋、渡ってみませんか。

 オイローパベックについて詳しくはこちらをご覧下さい。(独)


コメントを投稿する