新種の猫、ライコイは不気味な狼!?

20170516_kayoko_news_412

 みなさんは「ライコイ (Lykoi)」 という品種の猫をご存じですか?その歴史はまだ浅く、今から約6年前にアメリカで発見され、目や口のまわり、おなかには毛が生えてなく、狼に似ていることから「狼猫」とも呼ばれています。

 その少し不気味な容姿からか、飼っている人はまだ少なく、スイスで唯一飼っているのがローザンヌ (Lausanne) に住むアラン・メトレーラー (Alain Métrailler) 氏です。猫は現在7ヶ月で名前は「マイケルジャクソン」です。

 メトレーラー氏によると、あまりに人々が気持ち悪がって飼わないので、どんな猫なのか知りたいと思い、フランスで1,800ユーロ (約22万円) で購入したそうです。今では出かける時はどこへでも一緒に出かけるくらいのお気に入りで、風変わりな見た目やキャラクターの全てが大好きだと話しています。 

 アメリカンショートヘアーの突然変異で生まれたという「ライコイ」は、その見た目に反し、忠実かつ社交的で犬のような性格を持っていると言います。気になる方、飼ってみてはいかがですか?

 「ライコイ」について詳しくは、猫の血統登録機関TICAのこちらホームページをご覧下さい。 (英)


コメントを投稿する