元ツール王者の家、販売価格は?

20170425_kayoko_news_397

 自転車レースに詳しい方はご存じだと思いますが、ドイツ出身の元自転車プロロードレース選手、ヤン・ウルリッヒ (Jan Ullrich)氏 は、ツール・ド・フランスやシドニーオリンピック等で輝かしい成績を記録したものの、ドーピング疑惑で引退に追い込まれました。

 ドーピングを行っていたことは長年否定していましたが、ついに2013年にドーピング違反隠しを告白、また、飲酒運転で事故を起こし逃走するなどの不祥事など、何かと話題になりました。

 実は、同氏は、スイスの北東部にあるトゥールガウ州(Thurgau) シェルツィンゲン (Scherzingen) に約14年間住んでいました。しかし、昨年、お天気が悪いといった理由で、地中海の楽園と呼ばれる島、マジョルカ島 (Mallorca) へ引っ越ししたそうです。

 その同氏が住んでいたツェルツィンゲンの豪邸が現在売りに出されていることから、注目を帯びているようです。不動産会社のサイト(immoscout24.ch)によると、敷地1,289 m²に建つこの家は、1989年に建てられ、2009年に改修工事を行われ、内装・外装ともにまだ真新しい印象を受けます。また、アラームシステムや備え付けのクローゼット、マルチメディアのシステム等が完備され、この家からドイツ、オーストリア、スイスの国境にまたがるボーデン湖 (Bodensee) の絶景も堪能できると言います。

 建物は4階建てで、広さは430㎡、ベッドルームは5つ、サウナ、フィットネスエリア、プール、子供の遊び場、6台の車を停められるガレージが付きです。

 さて、この家の価格ですが、サイトでは299万ユーロ (約3.6億円) で売り出されているようです。まさに、豪邸ですね。買えなくても不動産情報は見るだけでも楽しいものです。スイスの家事情、覗いてみてはいかがですか?

不動産情報について詳しくは
こちらのホームページをご覧下さい。(独/仏/伊/英) 


コメントを投稿する