イースターのなが~い渋滞、記録更新

 

20170419_kayoko_news_393

 日本でもイースターを第二のハロウィンとして定着させようと、イベントなどが行われていますね。

 スイスでは今月14日の聖金曜日、カールフライターク (Karfreitag) からイースターの休暇が始まりました。長期休暇の際は、北から南へ通る道路は混雑し、特にゴッタルドトンネル付近で渋滞が発生しやすくなります。

 交通情報を提供しているヴィアスイス (Viasuisse) によると、渋滞は朝の3時半の4km、3時45分から始まり、6時半には14kmに伸びました。所要時間は2時間半を記録し、列が少なくなったのは午後4時過ぎだったと伝えています。

 今年は特に北部の天候が悪かったこともあり、多くの人が南部を目指し、カールフライタークのゴッタルドトンネル付近の渋滞の列は、過去最長を記録したほか、迂回ルートでは、事故や故障車の影響や冬季通行止めもあり、各地で渋滞が発生しました。

 一方、スイス連邦鉄道 (SBB) も臨時列車を増便し、合計で4万6,000席を増やした結果、南へ向かう列車は満席となりました。

 楽しい旅行での渋滞はつらいものです。車で出かけの際には、渋滞情報等も参考にしてくださいね。

 ヴィアスイスのホームページはこちらをご覧下さい。(独/仏/伊)

 


コメントを投稿する