スイスの美しい風景にうっとり

20170329_kayoko_news_378

 スイスの美しい山や湖。その場の空気が伝わってくるような臨場感で、思わずため息が出てしまう美しい写真の数々。ザンクトガレン (St. Gallen) 州ヴァレンシュタット (Walenstadt) に住む19才のヴァレンティン・マンハルト (Valentin Manhart) 氏と20才のロマン・フレップ (Roman Flepp) 氏のスイスの風景のインスタグラム、「Twintheworld」が注目を集めています。

 彼らはいとこ同士で、母親達が双子だったので、この名前を付けたと言います。写真は、霧の立ち込める朝のザルガンサーランド (Sarganserland) 、フィリスール (Filisur) を走る機関車や冬の湖など、スイスのならではの風景がたくさん掲載されています。青い空の写真ではなく、曇っていたり夕暮れの方が山や自然の雰囲気が伝わるのでその時を狙って写真を撮っていると話しています。

 インスタグラムを始めたのは約3年前で、インスタグラムを通していろいろな人とコミュニケーションを取るのが目的だったとか。最初はiPhoneで撮っていましたが、フォロワーが増え出してから新しくカメラを購入したそうです。現在ではフォロワー数が10万人を超えています。

 風景を楽しむだけでなく、構図や写真の参考にもなりそうです。まだ学生の二人、今後の活躍も楽しみですね。

 インスタグラムについてはこちらをご覧下さい。


コメントを投稿する