オリエント急行スイスに出現!

 

20170328_kayoko_news_377

 最近は、動態保存という形で各地で見ることのできる蒸気機関車。スイスでもいくつかの路線を走っています。

   その中でも、電化されていない鉄道を走っているのが、ブリエンツ・ロートホルン鉄道(Brienz-Rothorn-Bahn) で、みなさんもよくご存じの登山鉄道です。

   また、貨物と蒸気機関車専用に使われているズールゼー・トリエンゲン鉄道 (Sursee-Triengen-Bahn) も非電化鉄道で架線がありません。架線がないため昔のままの風景が望めます。先週末、ここでハリウッド映画の撮影が3日間行われました。

  映画は、1934年に出版されたアガサ・クリスティ (Agatha Christie) の代表作「オリエント急行殺人事件」のリメイクです。主役のポアロは、今回監督も努めるケネス・ブラナー (Kenneth Branagh) 氏 、死体で発見されるラチェット役はジョニー・デップ (Johnny Depp) 氏、その他にミシェル・ファイファー (Michell Pfeiffer) さんなどが出演予定です。

 残念ながら今回の撮影にはハリウッドスターはやって来ませんでしたが、当時走っていたそのままの姿の機関車がトリエンゲンに登場しました。目撃した人の話によると、殺人のシーンも撮影されたとか。

  映画の公開は、今年の11月で、メインの撮影はロンドンで行われているそうです。映画の中のスイスの風景、探してみてはいかがですか?


コメントを投稿する