スイス大学留学〜スイス大学生の日々〜

Bibliothek Rechtswissenschaftliches Institut

 日本の大学生は、大学での勉強よりもバイトに明け暮れたり、サークル活動をしたりと、自由時間を満喫した後で就職活動に入ることが多いとされています。ここでは、チューリッヒの大学へ留学した日本人学生の体験をもとに、日本と異なるスイスの大学生の日々の一例をご紹介します。

お昼の過ごし方
 チューリッヒ大学の食堂は日本の学食より料金が少し高めかもしれませんが、隣に工科大学もあるため充実しています。暖かくなると、大学の外や湖の畔でサンドイッチやパスタをテイクアウトして食べ、日光浴を楽しんでいる学生も見受けられます。日本の大学と比べて部活は少ないようですが、スポーツプログラムが充実しているので好きなプログラムに参加したり、音楽をする人が多いという印象です。

空き時間や放課後の過ごし方
 各授業では課題が大量に出ます。予習復習に加えて、レポートやテストもあるために、スイスの学生は日本の学生と比べ物にならないほど勉強している印象を受けました。また、学費が日本ほど高くないこと、進学が難しいことからも、アルバイトをしている学生は少ないようです。空き時間や放課後になると、課題に取り組む学生で大学や図書館はいっぱいになっていました。

週末の過ごし方
 週末、遠くに実家があるためチューリッヒで下宿している学生は帰省することが多いようです。小国であるスイスだからこそ、毎週のように家族に会いに帰れることはとても素敵で、家族との時間を大切にしているスイス人を象徴する習慣の一つといえるかもしれません。

 

※上記に記載している情報は、あくまでも留学例として、留学生個人が2016年に経験した体験談を交えています。目安として、ご参考までにご活用ください。


コメントを投稿する