あなたは中流?所得で見る中流階級

20170317_kayoko_news_371

 スイス政府の税制改革の対象として「中流階級 (Mittelstand) 」という言葉がよく出てきます。政府は、中流階級に属する人々の負担を減らし、消費を促し景気の底上げを図っていきたいと掲げ、今「中級階級」が注目を集めています。

 そこで、中流階級とはどのような層の人達を指すのでしょうか?連邦統計局 (BFS) では、下記のように月収別に具体的に中流階級を定義しています。同じ中級でも所得の範囲が広いため、その中でも低所得者と高所得者の2つに分けています。

 中級の中の低所得の人はスイス全体の約28%、高所得者は約30%を占め、中級階級は全体の約58%になります。この割合は1990年のデータと比べてもほとんど変わっていません。

世帯

月収(スイスフラン)

1人暮らし

3,947 (約45万円)~8,457 (約96万円)

夫婦2人

5,920 (約67万円)~12,685 (144万円)

夫婦+子供1人

7,104 (約81万円)~15,223 (約173万円)

夫婦+子供2人

8,288 (約94万円)~17,760 (約202万円)

1人親+子供1人

5,131 (約58万円)~10,994 (約125万円)

1人親+子供2人

6,315 (約72万円)~13,531 (約154万円)

 中級階級といっても世帯により差もあり、かなりの高所得者も含まれているように感じます。ここでもスイスの生活水準の高さを感じますね。


コメントを投稿する