スイスにも登場!ペッパー君大活躍

 

20170311_kayoko_news_367

 みなさんはソフトバンクのロボット、ペッパー (Pepper) をご存知ですか?感情を認識しコミュニケーションを取ることのできる人型ロボットです。家庭用だけでなく、お店で接客をしたり、情報提供をしたりと使い方は様々です。

 チューリッヒ (Zürich) のショッピングセンター「Glatt」にもインフォメーション係としてペッパーが登場します。話しかけると知りたい情報等を答えてくれます。ドイツ語は理解しますが、スイスドイツ語はまだわからないそうです。同センターでは6台購入し、クリスマスまでに活躍できるよう、まだまだプログラミング中だとか。

 ロボットに支持を与えるプログラミング。現在は、日本の中学校で必修項目となっています。政府は、さらに若い世代にもこの技術が対応できるよう2020年から小学校でのプログラミングの必修化を目指しています。

 ソフトバンクではこの動きに合わせ、ペッパーを使って楽しくプログラミングを学べる無料の体験教室「春休み!Pepperプログラミング特別教室」を4~6年生の小学生を対象に3月28日に行います。20日まで参加者を募集しています。プログラミングを知りたい小学生、応募してみてはいかがですか?

 詳しくはこちらのソフトバンクのホームページをご覧下さい。


コメントを投稿する