賢く支払うなら、ユーロ?フラン?

20170224_kayoko_news_356 (2)

 スイスでもユーロが使えることをご存じですか?全ての店で使えるわけではありませんが、両方の通貨を併記しているレストランもあります。

 バーゼル (Basel) に400ヵ所あるパーキングメーターでもスイスフランとユーロの両方のコインを使用することができます。このメーターでは為替レートの設定が変更されていないため、ユーロを使用した方がお得に利用できます。

 現在の1スイスフランに対するユーロの為替レートは、スイス国立銀行 (Schweizerische Nationalbank) の22日のレートによると、1.0644ですが、バーゼルのパーキングメーターは1.2に設定されています。

 みなさんもご存じだと思いますが、スイス国立銀行は、2011年からユーロに対する為替レートの下限を1.2とし、それを下回った場合、無制限に介入を行う方針を続けてきました。ところが、2015年にこれを撤廃し、その後ユーロの下落が起こり金融市場に混乱を起こしました。これがいわゆる「スイスフランショック」です。このパーキングメーターでは当時のレートをまだ利用していることになります。

 バーゼル市の担当者、ニコル・シュトッカー (Nicole Stocker) さんは、全てのパーキングメーターを変更するには費用が掛かりすぎるため、変更してないと話しています。また、今後はコインではなくカードが使えるタイプのものへ変えていく計画もあり、その時は全ての機械を一度にコントロールできるシステムを導入する予定だそうです。

 ユーロもスイスフランも使えるスイス、この他にもちょっと得できる裏技もありそうですね。みなさんはどちらの通貨で支払っていますか?


コメントを投稿する