自転車のベルいらない?義務化廃止へ

20170221_kayoko_news_353

 みなさんは自転車に乗っていてベルを使ったことや使われたことありますか?スイスでは以前は11kgを超える自転車にはベルが義務付けされ、違反した場合は20スイスフランの罰金 (約2,300円) が課されていましたが、今年の1月から廃止になりました。

 自転車のフレームの軽量化が進み、義務化が意味をなしていないためだと言います。また、サドルのない自転車も違法でしたが、様々なタイプの自転車の登場でこの規定も変更されました。

 しかしながら、スイス事故防止協会 (BFU) の調査によると、2011年から2015年には、年間約30件の自転車と歩行者の重大な事故が発生し、平均で年間1人の死亡者が出ています。そのため、同協会は廃止になったとしても自転車のベルを装備するよう勧めています。

 自転車と歩行者との事故は大きな事故に繋がってしまうことがあります。ベルがあってもなくても、自転車に乗る時は常に安全運転を心掛けたいですね。


コメントを投稿する