ファスナハトの衣装でリコール

20170216_kayoko_news_350

 2月はスイス各地でカーニバル、ファスナハト (Fasnacht) が行われます。元々はキリスト教のお祭りですが、地方によってその土地ならではの風習等を取り入れ独自のファスナハトが行われています。

 毎年、その年の時事問題などを風刺した様々なテーマの仮装行列が町を練り歩きます。パレードに参加しなくてもお菓子やおもちゃ等を配ってくれるので、子供達にとっても楽しいイベントです。

 街では仮装用の衣装も売られていますが、スイス連邦食品安全獣医局 (BLV) は、いくつかの衣装で健康を害する可能性があると確認されたため、着用しないよう呼び掛けています。

 該当する衣装は、以下の商品のかつらや帽子の部分です。

  • Kostüm Stella, Paw Patrol Sky (nur Haar-Reif)
  • Perücke Naughty Girl
  • Perücke Pipi
  • Native American Role Play (nur Kopfteil)

 同局によると、商品は可溶性であったり、発火の恐れや誤って飲み込んでしまったり窒息してしまう可能性もあり、おもちゃとしての安全性の基準を満たしていないと言います。

 すでに商品は店頭からは撤去されていますが、ご自宅にある場合は着用しないようにし、事故のない楽しいファスナハトをお過ごしください。

 詳しくは、スイス連邦食品安全獣医局のこちらのホームページをご覧下さい。 (独/仏/伊)

 


コメントを投稿する