欧州トップでも定刻は苦手!?な空港

swissjoho-airport_2

 みなさんはスイスから旅行する場合、どこの空港を利用しますか?スイスで最大規模のチューリッヒ空港 (Flughafen Zürich) は、ワールド・トラベル・アワード (World Travel Award)の「ヨーロッパのリーディングエアポート」を2004年から2016年まで毎年受賞しています。

 「ワールド・トラベル・アワード」は、世界中の旅行や観光業界の様々な分野において優れた施設やサービスに送られる賞です。

 昨年、同空港での年間旅客者数が2,770万人となり、過去最高を記録しました。昨年よりも5%増加したほか、さらに同空港での飛行機の発着数も1.5%増えました。年間約27万回の発着の内、スイスインターナショナルエアラインズ (SWISS) が54.2%を占めています。

 また、英国の航空関連の情報を提供するOAGが発表した「OAG Punctuality League 2016」による調査結果では、残念ながら、同空港の飛行機の発着の定時性は、世界の大規模空港のランキングで31位。そして、同空港で定刻から15分以内に運航された「定時運行」は77.1%となっています。

 一方、1位は3年連続で87.49%もの数字を出した羽田空港でした。2位はブラジルのサンパウロ・グアルーリョス空港 (Aeroporto Internacional de Guarulhos) の85.28%、3位は米国のデトロイト空港 (Detroit Metropolitan Wayne County Airport) で84.64%でした。

 

 


コメントを投稿する