是非見たい!20周年記念「モネ展」 

20170124_kayoko_news_333

 バーゼル (Basel) 郊外のリーエン (Riehen) にあるバイエラー財団美術館 (Fondation Beyeler) をご存知ですか?

 美術商だったバイエラー (Beyerler) 夫妻が集めた作品は、現在は約300点となり、スイス国内だけでなく世界中の人々を魅了し、多くの人が訪れる人気の美術館です。

 その建物もイタリアを代表する建築家レンゾ・ピアノ (Renzo Piano) によるもので、見事に自然と調和した空間が美術館をさらに演出しています。公園やレストランも併設されているので、一日ゆっくりと過ごすことができます。

 今月22日~28日は、美術館開館からちょうど20年を記念して、フランスを代表する印象派の画家、モネの特別展を行っています。世界中から集めた63点の中には、フランスのオルセー美術館 (Musée d’Orsay) やアメリカのメトロポリタン美術館  (Metropolitan Museum)、日本のポーラ美術館の作品も展示されています。これまで直接展示されたことのない作品も見ることができると言います。

 特別展だけでなく、常設の展示も見どころがある美術館です。お時間がある方は出かけてみてはいかがでしょうか。

 美術館について詳しくはこちらをご覧下さい。(独/英/仏)


コメントを投稿する