自分の身は自分の銃で守る!?

 

20170106_kayoko_news_319

 以前、話題のニュースでもスイスでは銃が身近な存在だと紹介しました。個人でも許可を取れば銃の所有は可能です。最近では銃を所持する人が増えているとスイスの公共放送SRFが伝えています。

 SRFによると、いくつかの州では2016年の武器の許可の申請が約30%も増え、男性だけでなくより多くの女性が武器を購入し、スイスの銃保有者は過去最高になったと言います。この傾向は2015年からあり、例えばツーク (Zug) 州では、2014年に316件だった銃の所持登録証の数が2015年には419件、2016年には451件と32件増えています。

 武器販売者は、多くの人がテロや強盗等のニュースで不安になり、何かあった場合に、自分自身や家族を守れるよう武器を購入していると分析しています。また、フランスで昨年起こった襲撃事件以来、ヨーロッパでは、銃の所持を規制する動きがあることも関係していると見ています。

 警察は、銃を自身で所持するよりも、不安を感じた場合は、警察へ通報するよう勧めています。


コメントを投稿する